こうしん堂 薬局|和歌山の漢方相談・ホメオパシー・処方箋受付
ゴールデンウィーク中の営業時間のお知らせ

4月28日(日) 5月2日(木) 5月3日(金)
午前中臨時営業

9時00分~13時00分
連休中ご入用の商品が御座いましたらご活用下さい。
 

夏でも、温灸:クーラー冷えに

おんきゅう

温灸
 お灸だから体の芯までポッカぽか
冷えにおすすめのツボや全身のツボがあつまる
耳に温灸出来るからとても効果的です。
「このページを見た」と来店時お声かけくださ
おひとり様一回に限り無料で体験して頂けます。

RSS

ドイツのシンプル家事に学ぶ

カテゴリ : [月]管理栄養士の食事ノート
いつも「管理栄養士の食事ノート」をお読みくださり、どうもありがとうございます。

最近、「心がラクになる ドイツのシンプル家事」というタイトルの本が置かれており、タイトルに惹かれて買って読んでみました。

その本の中で、いくつかハッと気づかされることがありました。

その一つを紹介したいと思います。

著者の久保田由希さんはドイツで生活するようになり、家事に対して「もっと気楽でいいんだ」と思えたそうです。

例えば食事。
ドイツの食生活はとてもシンプルで、平日は昼に温かいものを食べ、夜は火を使わない食事が伝統です。

(本で紹介されているドイツのご家庭食事はシンプルで驚きます!夜はサンドイッチとか。量は食べているのでしょうが・・・)

一方で余裕のある休日にはいろいろ楽しんで作ったりするようです。

夕食は平日でも料理を何品も作るもんだと当然のように思いこんでいたのが、(実際に夜パンやサンドイッチを食べはしないが)「もっと簡単でいいのかも」と気負わなくなったそうです。

日本では当たり前だと思っていたことが、案外省いても回ること、やらなくても大丈夫なこともあると気付いたそうです。

ドイツ人の合理的な考え方は新鮮で刺激をうけました。

例えば、作業の目的を常に考えること。
なんのためにその作業を行うのか、本当に必要なのか?を考えます。

すると、
やらなくてはいけないという思い込みでやっていた作業があることに気付き、100%の力でやらなくてもよい作業がいくつも見つかります。

久保田さんの言葉に、
「家事は生きる上での基本ですが、生きる目的ではないはずです。」とあります。

美味しくて安心できる食事を提供すること、清潔で整った住まいにするためにそうじすることなど、目的を達成するために家事(作業)を行っていますが、作業自体をすることが目的になり作業が完璧に出来なくてイライラしてしまうと・・・本末転倒ですね。

そう考えると、自分の時間敵余裕や気力体力がキャパシティーオーバーになる前に、
時には掃除洗濯を外注したり、安全な材料で安心できる食事を提供してくれる宅配や生協、お惣菜屋さんを選んで利用することもアリですよね。

また「世の中にはたくさんの家事ノウハウがあり、どれも役に立ちそうに思いますが、あくまで自分のスタイルに合えばの話。自分の価値観を知り、自分や家族に会うやり方を見つけること。」とも書かれていました。

家事だけではなく、生き方にも通じることばだと思います。

自分が大切だと思うことややりたいことには思い切り手間と時間をそそぐ、そのためにもその他の作業は合理的に目的を考えて行うというわけです。

本では14のドイツのご家族の過ごし方が紹介されており、それぞれちがった価値観の違った暮らし方が紹介されています。

みんなちがってみんないいんだ、と、
自分らしく肩の力をぬいて生きるヒントが書かれている本でした。
2019-04-01 08:00:00

ねばねばしらす丼

カテゴリ : [月]管理栄養士の食事ノート
いつも「管理栄養士の食事ノート」をお読みくださり、どうもありがとうございます。

久しぶりの更新になってしまい、申し訳ございません。

気が付けばもう3月も半ば・・・
何かと忙しい年度末です。

我が家も何かしらバタバタとしております。

今日はそんな忙しい日にパパっと作る簡単定番メニューを紹介させていただきます。

「しらす丼」なのですが、
我が家はごはん部分に少し手を加えて、
「ねばねばしらす丼」にします。

ねばねばしらす丼

材料は・・・
釜揚げしらす、やまのいも、アカモク(海藻)、生卵、めんつゆ、ごはん

です。


作り方は・・・
やまのいもはすりおろしておきます。
そして温かいごはんにアカモクと卵とすりおろしたやまのいも、味付けにめんつゆを混ぜ合わせます。
最後に釜揚げしらすをたっぷりのせて出来上がりです。

混ぜるだけの丼なので、材料だけそろえて置いて、あとは家族で好きなものを好きなだけ入れて、それぞれが混ぜ混ぜ・・・お願いできます。

私はアカモクという海藻が最近お気に入りでよく使っています。
私は加入している生協で買っていましたが、最近は近所のスーパーでも見かけます。

アカモク
 アカモク

ねばねばの食感がよくて、食物繊維やミネラルも豊富。
無くても大丈夫なのですが、美味しく食べる「サプリ」感覚で加えています。

しらすの代わりにネギトロにしたり、お刺身を乗せてボリュームアップしてもおいしいです。
生卵ではなく納豆にしてもひと味違う味付けになります。

やまのいもは滋養強壮によいとされる食材です。
私は強い粘りと濃い味が好きなので自然薯を使うことが多いですが、ながいもでも。

やまのいもに共通の粘り成分はムチンという水溶性食物繊維で胃の粘膜を保護してくれるうえに、消化酵素のジアスターゼが消化を助けてくれます。
旬は秋から冬で、本来ならその時期に適した食材だと思いますが、比較的年中販売されていますし、家庭でも長期保存出来るので必要な時に利用しています。
皮をむいて酢水につけてすりおろしたものを冷凍保存することもできます。


この丼、あっさりしていますが、しらす(刺身)や卵、たんぱく質もしっかりと入っており、元気をつける滋養強壮メニューになります。

のど越しが良い分よく噛まずに食べられてしまいますので、しっかり噛むことをお忘れなく。

よろしければお試しくださいね!

(自家製めんつゆの作り方はこちらをご覧ください! →

2019-03-18 08:00:00

かんたん!人参ケーキ

カテゴリ : [月]管理栄養士の食事ノート
いつも「管理栄養士の食事ノート」をお読みくださり、どうもありがとうございます。

先週末はバレンタインデーでしたね。
手作りのお菓子を作られた方も多いのでは?と思います。

バレンタインとは関係ない日だったのですが、
我が家では、久しぶりに「人参ケーキ」を作りました。

私は大学生の時にアルバイトで家庭教師をしていました。
その家庭教師先の生徒さんのお母さまが教えてくださったレシピです。

それを自分流に少しアレンジしています。

簡単なのに美味しくて、その後、何度も何度もリピートして作っていました。
人参ケーキ

見た目は本当に素朴な何にもないケーキです・・・。
生クリームやミントとかを添えれば絵になったのですが、そのまんまですみません。

友人の中には、とっても器用でまめな子たちがおり、キャラ弁や凝ったとてもかわいいお菓子を作ったりしています。

一方、私は面倒くさがり屋の適当なタイプです。

でも、息子には手作りのお菓子を作ってあげたい!と思うのです。

そんな私にピッタリの混ぜるだけ焼くだけケーキ。

時間のないときでも簡単に出来ます。


おうちで作る特権で、材料には少しこだわって安心なものをえらんだりします。

ベーキングパウダーにはアルミニウムが含まれているものが多くて、避けておられる方もいらっしゃるかと思います。

アルミニウムの摂取については賛否両論あるので、ここでは良い悪いは語りませんが、私は一応アルミを使用していないものを選んでいます。

食品添加物についても、色々な見解がありますし、現代の食事情では避けて通れないのも事実です。

でも、ひとつはっきりと言えることは、「食品添加物を積極的に摂っておいて身体のために良かった~」とはならないこと、だそうです。

完璧なことは出来なくても気付いたことや出来ることを無理なくしています。

もう一つ余談ですが、
このケーキに使うお砂糖は、精製度の低い茶色いお砂糖が合う気がします。
(コクがあり美味しいだけではなく、ミネラル豊富といううれしいオマケつきです!)


お菓子作りの上手な方には物足りないレシピで恐縮なのですが、作り方を載せています。
レシピのページ

(↑クリックすれば飛びます!)

よろしければご覧くださいね。




2019-02-18 08:00:00

寒い冬のお気に入り

カテゴリ : [月]管理栄養士の食事ノート
いつも「管理栄養士の食事ノート」をお読みくださり、どうもありがとうございます。

この週末はとても寒かったですね。
皆様、体調などくずされていないでしょうか?

寒い外から帰ってきて、温かいものを飲んだり食べたりするとほっとします。

インフルエンザには紅茶・緑茶の成分が予防によい、と最近話題になっています。
おうちで常飲されている方も増えているようですね。

私が気に入っているのは葛湯です。

本葛の粉を使って簡単に作ります。

葛粉 大さじ1、
粗糖やてんさい糖 大さじ1、
乾燥しょうが粉 少々
水 150ml

を混ぜ合わせ、小さいお鍋で透明感が出るまで煮るとできます。

葛湯1
最初は濁っていますが、
葛湯2
加熱していくと透明になります。
葛湯3

片栗粉とお砂糖をお湯に溶かして飲んだ経験のある方も多いと思います。

市販のものもあり、片栗粉が含まれていて手軽にお湯で溶けていいのですが、本葛と好みのお砂糖で自分の好みの甘さでつくると格別美味しく感じます。乾燥しょうが粉も入れると、より体もぽかぽかしてきます。

本葛は最初一袋買う時には高価に感じますが、冬場何度も飲むなら市販の小袋入りよりもお安くあがります。
料理のとろみづけにもつかえます。

昔から葛は整腸効果があるとされ、胃腸が弱っているときにも優しくいただけます。

ちょっとお疲れの時の滋養にもなりますので、
手作り葛湯、簡単で寒い冬のおススメです!


私事ですが、最近疲れがたまっていて、しばらく体調があまりよくありませんでした。

空気が乾燥しているのもあったのですが、目や喉が乾燥した感じがして、違和感を感じて家の中でもマスクをしたり、洗濯物を部屋干しして湿度調節したり、いろいろと気をつけてました。

前回の「漢方・薬膳こばなし」で書かれていた、潤す力を持っている食材「れんこん・はちみつ・山芋・ゆりね」が(意識をしていませんでしたが)我が家に自然にそろえられおり、少し驚きました。

からだが求めていたのでしょうか??

私の定番は、
れんこんはきんぴらや鶏肉・根菜の煮物、はちみつは紅茶に入れたり大根のはちみつ漬けに、山芋はお味噌汁の具やすり下ろして温かいごはんとめんつゆと混ぜてしらすをのせてしらすどんに、ゆりねは定番の卵とじにして食べます。(もちろん一度には食べず、日をわけていただきます。)

環境を整えたりマスクで防いだりも大事ですが、食べ物で内側からも整えたいですね。

もちろん、専門家の判断なしで自己判断で身体のことを決めつけるのは危険な場合もありますが、

自分の体調を日ごろからチェックして、自分でも出来ることをしていけるとよいなと思います。



2019-01-28 08:00:00

2019年もどうぞよろしくお願いいたします!

カテゴリ : [月]管理栄養士の食事ノート
いつも「管理栄養士の食事ノート」をお読みくださり、どうもありがとうございます。

新しい年が明けて、最初の更新となります。
本年もどうぞよろしくお願いいたします(^^)

私の年末年始は、両実家に帰ったり、家族や親せきとにぎやかにすごしました。

年末にはおもちを作りました。

子どもの時はおばあちゃんが、もち箱が縁側いっぱいに並ぶくらい、たくさんおもちをついてくれました。

おばあちゃんが亡くなってからは、兄のお嫁さんとそのお母さんがついてくれるもちをいたたいたり。。。

結婚してからは義母が毎年もちを作るので、そのお手伝い(丸め係)をしていました。

今年からは自分がメインとなってもちを作ろう!とやってみました。
主人と子どもと三人で、大きさがまちまちのぶさいくな(笑)おもちを作りました。

人のお手伝いと、自分が責任者になって最初から最後まで全部行うのとは全然違いますね。
出来たおもちも形や食感が(責任者が違えば)、みんなそれぞれ違いました。

ちょっと不格好にはなりましたが、達成感や楽しさは倍増でした。

そしてそのおもち達はとてもかわいく感じ、大切にみんなで食べました。
ささやかですが、楽しくぜいたくな時間を過ごすことができました。


話は変わりますが、
私自身、食事のことで、あーしないといけない、これはダメとか頭でっかちに考えてしんどくなってしまう時があるんです。
みなさんもそんな時ないですか?

いろいろ知識を得て考える、それは悪いことではないと思うのですが、

まず「いいな」と思ったり感じたりしたことを気軽にやってみる、
それで振り返って考えてみる、といった風に順番を変えたいなと思いました。

「知っている」と「やってみる」はちがうと、改めておもちづくりから学びました。

一見失敗に見えたおもちからも、とても楽しい思い出ができたように、
やってみることで何かが見つかるかもしれません。

今年のこちらのブログでの目標は、

「ちょっとやってみようかな~」と思えるようなことをお伝えできればと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。



2019-01-14 16:00:00

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
こうしん堂 漢方 薬膳 ホメオパシー 処方せん キャラクター 画像
お気軽に
ご相談ください

女性のお悩み
生理痛・生理不順・PMS「月経前症候群」・子宮筋腫・子宮内膜症・更年期障害・貧血 など
妊活「不妊・子宝」
男性・女性・2人目・3人目
お肌のトラブル・美容
アトピー・肌あれ・ニキビ・尋常性白斑・乾癬・ダイエット・むくみ など
消化器疾患
便秘・下痢・胃腸虚弱・過敏性腸症候群・胃十二指腸・逆流性食道炎・はきけ・食欲減退 など
痛みのご相談
腰痛・関節痛・神経痛・リウマチ・ヘパーテン・肩こり・しびれ・痛風に伴う痛み など
メンタルのご相談
不眠・睡眠トラブル・うつ・パニック・摂食障害・自律神経失調症 など
呼吸器・耳鼻科・眼科疾患

喘息・アレルギー疾患・花粉症・副鼻腔炎「蓄膿」・耳なり・めまい・目のトラブル「緑内障・黄斑変性など」 など
尿のトラブル
頻尿・尿漏れ・夜尿症・過活動膀胱 など
生活習慣病・代謝
高血圧・高脂血症・糖尿病 ・高尿酸血症
甲状腺機能低下症・甲状腺機能亢進症 など
その他
認知症・がんに伴う症状
  
など様々な症状にご対応させていただきます。
 
駐 車 場

 こうしん堂
隣接
コインパーキングがございますのでご利用下さい。
ご購入いただきましたお客様には、ご滞在時間に応じた対応をさせて頂いております。満車の際はお声かけ下さい。
 
処方せん

受け付けて
おります。
FAX:073-471-2551
 
各種クレジットカード
ご利用いただけます。

など、店頭でご確認下さい