RSS

すい眠トラブル・めまい・自律神経失調


◆ すい眠トラブルについて
   すい眠につていお悩みの方も多いと思います。
  こうしん堂でも、決して少なくないご相談ですし、
  改善されるかたも少ないありません。
   また、すい眠についてのご相談が主ではなくても
  トラブルを抱えていらっしゃるかたも多いです。

◆ よくご相談を頂くすい眠トラブル
  ・ 寝つきが、よくない
  ・ 睡眠途中でよく目が覚める「中途覚醒」
  ・ 夢をよく見る「よくない夢をよくみる」
  ・ 夜間のトイレで、しっかりと睡眠がとれない
  ・ 朝起きてもしっかりと寝れた気がしない
  ・ イベント前になると、寝つけない
  ・ 生理の周期により、すい眠がみだれる
  ・ 睡眠中に歯の食いしばりが強くつかれる
  ・ 睡眠中に足がつってくる
  ・ 病院で頂くおくすりから卒業したい
  
    など、さまざまです。

◆ 漢方的なとらえ

   現代に生きる私たちに限らず、古くからすい眠についての
  お悩みは多かったようです。
   そこで、漢方的なすい眠トラブルのとらえ方を少しご紹介
  させて頂きたいと思います。
  
  <五臓から考える>
   五臓では、「肝」「心」「腎」が関係が深いと言われています。
  
  「肝」は、自律神経と考えられる機能的な働きがあるので、
  自律神経を乱される、いわゆるストレスと関係が深いかたちで
  すい眠にトラブルが出てくることが多いと考えられます。
  
  「心」は、意識や思考といった機能的な働きがあるので
  もちろん心(こころ)の乱れやトラブルからすい眠に影響を
  与えることが多いです。

  「腎」は、年齢と関係が深いですし、「心」と相克の関係にあります。
  よって、「腎」の機能が良い状態であれば、しっかりと
  「心」をコントロールできるようになるので、おのずと心(こころ)が
  穏やかになり、すい眠状態も良くなるからです。

  <気・血・水から考える>

   もちろん、気・血・水からもこのすい眠トラブルを考えることが
  できます。ここでは「血」について紹介したいと思います。

  「血」は、精神活動の中心てきな存在です。
  この「血」の状態がよくないと、睡眠トラブルが出やすくなります。
  もちろん、「血」は身体の隅々に栄養を与えるという大切な働きも
  あるのですが、上述の通り精神状態と関係が深いということも
  ぜひ知って頂きたいと思います。

  このように、漢方には様々な角度から、このすい眠トラブルに
 アプローチをする方法が考えられていますので、
 ぜひ、一度ご相談いただき、今の症状の改善にお役に立たせて
 頂ければ嬉しく思います。

症例
2016-08-16 11:56:41

こうしん堂 漢方 薬膳 ホメオパシー 処方せん キャラクター 画像
お気軽に
ご相談ください

女性のお悩み
生理痛・生理不順・PMS「月経前症候群」・子宮筋腫・子宮内膜症・更年期障害・貧血 など
妊活「不妊・子宝」
男性・女性・2人目・3人目
お肌のトラブル・美容
アトピー・肌あれ・ニキビ・尋常性白斑・乾癬・ダイエット・むくみ など
消化器疾患
便秘・下痢・胃腸虚弱・過敏性腸症候群・胃十二指腸・逆流性食道炎・はきけ・食欲減退 など
痛みのご相談
腰痛・関節痛・神経痛・リウマチ・ヘパーテン・肩こり・しびれ・痛風に伴う痛み など
メンタルのご相談
不眠・睡眠トラブル・うつ・パニック・摂食障害・自律神経失調症 など
呼吸器・耳鼻科・眼科疾患

喘息・アレルギー疾患・花粉症・副鼻腔炎「蓄膿」・耳なり・めまい・目のトラブル「緑内障・黄斑変性など」 など
尿のトラブル
頻尿・尿漏れ・夜尿症・過活動膀胱 など
生活習慣病・代謝
高血圧・高脂血症・糖尿病 ・高尿酸血症
甲状腺機能低下症・甲状腺機能亢進症 など
その他
認知症・がんに伴う症状
  
など様々な症状にご対応させていただきます。
 
駐 車 場

 こうしん堂
隣接
コインパーキングがございますのでご利用下さい。
ご購入いただきましたお客様には、ご滞在時間に応じた対応をさせて頂いております。満車の際はお声かけ下さい。
 
処方せん

受け付けて
おります。
FAX:073-471-2551
 
各種クレジットカード
ご利用いただけます。

など、店頭でご確認下さい