自己免疫疾患

自己免疫疾患

まずは、免疫とは

 免疫とは、「免⇒まぬがれる・免除」「疫⇒病気や伝染病」
つまり、病気や伝染病から免れるという事になります。
 
 それは、自己非自己「ガン細胞や細菌・ウイルス等」をしっかりと
見極め、非自己を排除していくことでもあります。
すなわち、自分の体を健康な状態で維持しようとする働きです。

 例えば、この働きが衰えてしまえば、毎日数千個できるという
癌細胞を見逃してしまうことになります。この働きが正常に
保たれていれば、毎日このがん細胞を除去していくわけです。
 ウイルスや細菌に対しても同様で、免疫の働きが保たれて
いれば、症状が出なかったり、出たとしても比較的早く改善に
向かうということになります。

 また、この働きが乱れれば、自己を誤って攻撃してしまいます
から、いわゆる自己免疫疾患「膠原病・リウマチ・甲状腺機能更新
や甲状腺機能低下など」になってしまいます。
 アトピーや花粉症なども、この働きの過剰な乱れになると考えます。

 この「免疫の働き」ストレス睡眠不足などの影響も大きく
受けると言われていいます。

 そして、ホルモン自律神経と互いにバランスをとっていると
考えられています。
 自己免疫疾患が、女性に比較的多いのは女性ホルモンが一定の
年齢のところで急激な減少をみせるため、影響しているとも
言われています。

 私たちが、健康で何気ない日々を送るためにとても大切な
「免疫力」すごいですね。

各疾患について、知っておきましょう!!

 甲状腺ホルモンが高くなると
  比較的よくみられる症状
   ・汗が多い ・疲れやすい ・動機 ・手の震え
   ・食べているのに痩せてくる などなど
   ・バセドウ病が疑われる場合「眼球突出」

 バセドウ病は、自己免疫疾患と考えられておりその際
  TSHレセプターの抗体である、TRAbはじめ
  TSAbやTSBAbなどの値が診断に使われている。

 甲状腺ホルモンが低くなると
  比較的よくみられる症状
   ・気力の低下 ・疲れやすい ・便秘傾向 
   ・髪の毛が抜ける ・肌が乾燥する ・物忘れが気になる
   ・食事のわりに太る ・むくみ【顔や手】 ・甲状腺のはれ

 橋本病(慢性甲状腺炎)もまた自己免疫疾患と言われており
  サイログロブリン(Tg)の抗体とて、TgAb
  甲状腺ベルオキシダーゼ(TPO)の抗体、TPOAb
  などの値が診断に使われています。

 気になる際は、一度甲状腺専門医の診察をうけてみてはいかがでしょうか。
並行して、漢方を取り入れることは良いと思います。
RSS

お客様の声


甲状腺機能疾患

甲状腺機能の低下と強い倦怠感で病院を受診 TSH高値

 医師より、3か月後再検査といわれ、次までに改善したいと考えご来店
⇒3か月後正常値にもどり、現在も問題なくお過ごしです。

橋本病で、治療をうけていましたが、十分な効果が得られず来店
⇒漢方などを服用して頂き、現在は少量のお薬でコントロール出来ている。

妊活中で、TSHが高値で安定していないとのことで来店
⇒数値も安定し、ご妊娠中

がん治療における諸症状

がん治療をうけるにあたり、何か身体のためにしておきたいとの事でご来店
⇒がん治療を「休むことなく、目立った副作用も感じることがなく、継続して治療をできていてうれしい!」とのお声をいただきました。

何か自分にできることを、続けていきたい。
⇒ご家族より、「今は元気に治療を続けているとのことで継続していきたいのでこれからもよろしく!」とお声かけいただきました。

医療機関での「がんの治療」は終了し、経過観察で受信は継続中、何かできることをしたい。
⇒「現在では、数値も安定し気分も晴れやかである!」とのことで、日々の生活でも
再発予防のため、食事など健康管理も楽しくなさっています。
2020-05-13 18:59:22

こうしん堂 漢方 薬膳 ホメオパシー 処方せん キャラクター 画像
お気軽に
ご相談ください

女性のお悩み
生理痛・生理不順・PMS「月経前症候群」・子宮筋腫・子宮内膜症・更年期障害・貧血 など
妊活「不妊・子宝」
男性・女性・2人目・3人目
お肌のトラブル・美容
アトピー・肌あれ・ニキビ・尋常性白斑・乾癬・掌蹠膿疱症・ダイエット・むくみ など
消化器疾患
便秘・下痢・胃腸虚弱・胃炎・萎縮性胃炎・過敏性腸症候群・胃十二指腸・逆流性食道炎・はきけ・食欲減退 など
痛みのご相談
腰痛・関節痛・神経痛・リウマチ・ヘパーテン・肩こり・しびれ・痛風に伴う痛み など
メンタルのご相談
不眠・睡眠トラブル・うつ・パニック・摂食障害・自律神経失調症 など
呼吸器・耳鼻科・眼科疾患

喘息・アレルギー疾患・花粉症・副鼻腔炎「蓄膿」・耳なり・めまい・目のトラブル「緑内障・黄斑変性など」 など
尿のトラブル
頻尿・尿漏れ・夜尿症・過活動膀胱 など
生活習慣病・代謝
高血圧・高脂血症・糖尿病 ・高尿酸血症
甲状腺機能低下症・甲状腺機能亢進症 など
その他
膠原病・認知症・がんに伴う症状
  
など様々な症状にご対応させていただきます。
 
駐 車 場

 こうしん堂
隣接
コインパーキングがございますのでご利用下さい。
ご購入いただきましたお客様には、ご滞在時間に応じた対応をさせて頂いております。満車の際はお声かけ下さい。
 
処方せん

受け付けて
おります。
FAX:073-471-2551
 
各種クレジットカード
ご利用いただけます。

など、店頭でご確認下さい