こうしん堂 薬局|和歌山の漢方相談・ホメオパシー・処方箋受付

こうしん堂おすすめ牡蠣肉エキス

ヴァイタルゲン

ヴァイタルゲン錠【指定医薬部外品】
 100%国産牡蠣を使用し、自然の恵みをこのヴァイタルゲン錠に
ギュッと凝縮しております。現在社会で不足しがちなミネラル分
が豊富です。
 かき肉エキスをお考えでしたら、まずはこのヴァイタルゲン錠を
お飲みください。そして、現在かき肉エキスをお飲みの方は、
一度このヴァイタルゲンもお試しください。
 100錠・・・・10,000円【税別】
 200錠・・・・19,000円【税別】

RSS

早いもので

カテゴリ : [火]お坊さんの1分説法
おはようございます。
 
いつもブログ「お坊さんの1分説法」を
お読みいただき、ありがとうございます。
 
早いもので、もう8月ですね。
月をまたぐ時、いつも感じるのですが、
今回も例外ではなく、早いなあ、と思います。
 
月をまたぐ時に限らず、区切りの日には、
それまでの「生き方」、「過ごし方」を
見直してみるのもいいかもしれません。
 
たとえば誕生日には、
去年から今年までの1年間どう過ごしたか、
たとえば8月1日には、
7月の1か月間どう過ごしたか、
 
すこしだけ振り返る時間をとってみて
「こんなことができた」
また、「あんなことができればよかったなあ」
色々感じることがあるかとおもいます。
 
毎日、慌ただしく過ぎてしまいがちですが、
区切りの日には、少し振り返って
自分自身の生き方を見直してみるのも
いいかもしれませんね。
 
そういう私も、
もうすぐお盆だなあと感じています。
 
去年のお盆から今年のお盆までの間、
どんなことができただろう、と振り返りながら、
8月を迎えています。
 
みなさんも、もしお盆休みなどあれば、
日々の生活に追われて、できていなかったことを
なにか1つやってみるのは
いかがでしょうか。
 
2017-08-01 06:15:41

変な日本人

カテゴリ : [火]お坊さんの1分説法
こんにちは。
 
いつもブログ「お坊さんの1分説法」を
お読みいただき、ありがとうございます。
 
ちょうど今、関西に台風が近づいています。
そんな中、新幹線で東京から帰りながら
このブログを書いています。
 
和歌山にも上陸すると言われていますので
みなさんお気をつけいただきたいと思います。
 
さて、新幹線の車内ニュースで、
北朝鮮が撃ったミサイルが日本の排他的経済水域に
落下した模様、とありました。
 
宗教家としてはもちろん、それ以前に人間として、
人と人とが殺し合う、戦争はあってはならないこと
だと思います。
 
しかし現実に、
世界で、大変多くの命を奪っているものとして
宗教戦争があります。
なんとかして、なくしたいものです。
 
以前一度このブログにも書いたのですが、
(TEDや松山大耕さんを紹介しました。)
 
日本人の宗教観というのは、
世界の中でも非常に特殊で、
 
たとえば、七五三は神社に行き、
結婚式はキリストで行い、
亡くなればお寺でお葬式をする。
 
一つの宗教を信じている海外の方からすれば、
「変な日本人」となるわけです。
 
私自身も、宗教にかかわる者として、
日本のこのような文化を、あまりよくないものとして
考えていたところがありました。
 
その考え方が変わるきっかけを与えてくれたのが
以前書きました、TEDでの、松山大耕さんのスピーチを
聞いて、なのですが、
 
よくよく考えてみてください。
日本では、
「あいつはキリスト教だからだめだ」
とか、「あいつは仏教の信者だ」
と言って、人を攻撃することは
ほぼ、ないと言っていいでしょう。
 
日本人の宗教観というのは「寛容」なのです。
 
世界で起きている宗教戦争というのは、
このようなことです。
「○○教以外は認めない」
「△△教の者など殺してしまえ」
 
もう一度言いますが、
日本では、このような宗教間のもめごとは
皆無と言っていいでしょう。
 
この、日本の「寛容な宗教観」を
世界に広めることができれば、
宗教戦争をなくし、
世界平和に一歩近づくことができる。
 
最近は、そのように考えています。
 
2017-07-04 16:47:56

死にとうない

カテゴリ : [火]お坊さんの1分説法
おはようございます。
 
いつもブログ「お坊さんの1分説法」を
お読みいただき、ありがとうございます。
 
今日は、江戸時代の福岡の高僧
仙厓(せんがい)和尚を紹介します。
 
紹介といっても、ここでは有名な逸話をひとつ。
 
 
仙厓和尚が、88歳で、臨終を迎えようとしている
時の話です。
 
弟子たちが集まってきます。
 
「お師匠さま、最後に、我々に何か教えを遺して
くださいませんでしょうか。」
 
「何かお言葉をいただければ、我々は
師匠の遺言とともに今後、修行に励みます。」
 
と弟子たちが、高僧の最後のことばを聞きとどけよう
とかたずをのんで見守っています。
 
すると、仙厓和尚はようやく口を開きます。
 
「ああ、死にとうない。死にとうない。」
 
「そ、そんな、天下の名僧が、最後に
死にとうない、だなんて、そんな情けないこと
言わないでください。」
 
「いや、ほんまに、ほんまに。」
 
とおっしゃったそうです。
 
ぜひ、これをどう捉えるか考え、
味わってみてください。
 
とらえ方は十人いれば十通りあるとおもいますが、
 
一応、ひとつの解釈を。
 
これは、仙厓和尚の「慈悲(じひ)」の心だと
いう捉え方が、最もメジャーです。
 
万人にとって、最も恐ろしいものが「死」。
それをできることなら避けたい、そして遅らせたい、
というのが、多くの人々の思いです。
 
その共通の苦しみを肯定するために
自らそうおっしゃった、というわけです。
 
 
ちなみに私は、いくら修行して、
高僧と呼ばれるようになっても、
人間の煩悩はぬぐい去れるものではない
ということを言っているように感じています。
 
みなさんはどう感じたでしょうか。
2017-06-20 08:00:00

心について

カテゴリ : [火]お坊さんの1分説法
いつもブログ「お坊さんの1分説法」を
お読みいただき、ありがとうございます。
 
今日は、『法句経』(ほっくきょう)というお経の
一節を紹介しようと思います。
 
『法句経』第三章(心について書かれた章)には、
次のようなことが書かれています。
 
「心は、捉え難く、軽々とざわめき、
欲するがままにおもむく。
その心をおさめることは善いことである。
心をおさめたならば、安楽をもたらす。」
 
心は、自分自身の心ですら、
その実態を捉えることが難しく、
思うままに動いてしまうし、
コントロールをするのが難しい
ということを説いています。
 
われわれは心のおもむくままに行動してしまいがちです。
自動的に反応してしまうこともよくあります。
「売り言葉に買い言葉」というように
とっさに言葉が出てしまい、
後で、まずいことを言った、
などと反省することもよくあることだと思います。
 
お釈迦さまは、この心というものをおさめれば安楽に近づく、
つまり心を制御する、コントロールすることができれば
さとりに近づく、心安らかに暮らせますよ、
と説法されているのです。
 
これは言葉では言っても実際に行うのは難しいことですが、
方法としては、
(何か起きた時)すぐに反応するのではなく、一旦停止を心がける
また、一呼吸おいてから言葉を発したり、行動する
といったことがあるのではないかと思います。
 
自分自身の心をおさめること、大変難しいことかもしれませんが、
時々意識してみると、
さとりに近づけるかもしれませんね。
 
2017-06-13 07:43:21

気をながく

カテゴリ : [火]お坊さんの1分説法
おはようございます。
 
いつもブログ「お坊さんの1分説法」を
お読みいただき、ありがとうございます。
 
今日はこちらを紹介します。
もしかしたらどこかで見たことがあるかもしれません。

ちょっと写真の挿入がうまくいかなかったので、
横(左を上にして)にして見てください。


 
 
 
 
意味は次のとおりです。
 
「気はながく
心はまるく
腹たてず
口つつしめば
命ながかれ」
 
 
2017-05-30 08:07:26

前へ 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次へ
こうしん堂 漢方 薬膳 ホメオパシー 処方せん キャラクター 画像
お気軽に
ご相談ください

女性のお悩み
生理痛・生理不順・PMS「月経前症候群」・子宮筋腫・子宮内膜症・更年期障害・貧血 など
妊活「不妊・子宝」
男性・女性・2人目・3人目
お肌のトラブル・美容
アトピー・肌あれ・ニキビ・尋常性白斑・乾癬・ダイエット・むくみ など
消化器疾患
便秘・下痢・胃腸虚弱・過敏性腸症候群・胃十二指腸・逆流性食道炎・はきけ・食欲減退 など
痛みのご相談
腰痛・関節痛・神経痛・リウマチ・ヘパーテン・肩こり・しびれ・痛風に伴う痛み など
メンタルのご相談
不眠・睡眠トラブル・うつ・パニック・摂食障害・自律神経失調症 など
呼吸器・耳鼻科・眼科疾患

喘息・アレルギー疾患・花粉症・副鼻腔炎「蓄膿」・耳なり・めまい・目のトラブル「緑内障・黄斑変性など」 など
尿のトラブル
頻尿・尿漏れ・夜尿症・過活動膀胱 など
生活習慣病・代謝
高血圧・高脂血症・糖尿病 ・高尿酸血症
甲状腺機能低下症・甲状腺機能亢進症 など
その他
認知症・がんに伴う症状
  
など様々な症状にご対応させていただきます。
 
駐 車 場

 こうしん堂
隣接
コインパーキングがございますのでご利用下さい。
ご購入いただきましたお客様には、ご滞在時間に応じた対応をさせて頂いております。満車の際はお声かけ下さい。
 
処方せん

受け付けて
おります。
FAX:073-471-2551
 
各種クレジットカード
ご利用いただけます。

など、店頭でご確認下さい