JR和歌山駅東口より徒歩1分。漢方相談・ホメオパシーを中心に、かかりつけ薬局として、自律神経失調・皮膚疾患・妊活・がんに伴う諸症状などの、ご相談をお受けしております。

漢方体質
チェック
 
ご相談頂く
症状・疾患
 
健康レシピ
 
アクセス
会社概要
 
駐車場

こうしん堂に隣接コインパーキング゙がございますのでご利用下さい。
ご購入いただきましたお客様には、ご滞在時間に応じた対応をさせて頂いております。
満車の際はお声かけ下さい。

処方せん

受け付けております。
FAX:073-471-2551
 
各種クレジットカードご利用
頂けます
店頭でご確認ください。
お気軽にご相談ください
 

よい寄せられるご相談

■女性のお悩み

■妊活「不妊・子宝」

■お肌トラブル・美容

■自己免疫疾患・橋本病・バセドウ

■癌「がん」

■消化器疾患

■痛みのご相談

■自律神経失調・メンタル

■呼吸器・耳鼻科・眼科疾患

■尿のトラブル

■生活習慣病

■その他
 

漢方相談・ホメオパシーセッション

漢方相談・ホメオパシーセッションにお越し下さるお客さまへ

 通常、店内のご相談スペース【他のお客様と仕切られた場所】にて行っております。奥には、さらに個室相談スペースを設けております。ご希望の際は、お申し出下さい。

新型コロナ感染拡大防止への取り組み
●飛沫感染防止策として、アクリル・ビニールカーテン使用
●従業員のマスク使用、体温確認
●店内手指消毒の設置
●コイントレーによる、金銭授受
RSS

レジ袋有料化からゴミのことを考える

カテゴリ : [月]管理栄養士の食事ノート
いつも「管理栄養士の食事ノート」をお読みくださり、どうもありがとうございます。

7月からスーパーやコンビニなどのレジ袋有料化が始まりました。

レジ袋の使用を減らしても、プラごみの全体量は減らないのでは?という声も聞きます。

たしかに、先日ラジオでも「レジ袋の代わりにゴミ用の袋を100均で買う」という話もされていました。

ですが、ゴミを減らす意識が高まったり、他の行動につながっていく効果はあるのかなと思います。

話は変わりますが、私の大学の恩師は、エネルギーの話がが大好きな農学博士でした。

約20年前、教授の退官パーティーの時、奥様の手作りのエコバッグを全員に配って下さり、エコの話をしてくださいました。

当時、エコの話でリサイクルがよく紹介されていたのですが、、、

リサイクルは本当のエコではなく、ゴミを減らすことが大切と言われました。

リサイクルにはエネルギーがたくさん必要だからです。

必要なものを買うときはよく考える。そして大切に使う、それがエコにつながるんだと。

今では常識のような話も、当時20代の私には十分考えさせられる出来事でした。

そのエコバッグはまだ大切に使わせてもらっています。


私の入っている生協ではビンはほとんどリユースです。

リサイクルよりもリユース(洗って再利用する)のほうが圧倒的に使うエネルギー量は少ないそうです。

しょうゆのビンを洗っていると、次の人につながっているんだなぁ、と大切に感じます。


食品を包装している袋にも再利用できるものがたくさんありますので、台所でゴミ袋として使います。
(焼きそばの袋、パンの袋、冷凍コーンの袋などなど・・・結構使える大きさのものがあります。)


ゴミを捨てるために、新たなゴミを出来るだけ生じさせないことを心がけています。

一つ一つは本当に小さいことだと思います。
小さな思いやチカラが集まって大きなことが出来ると思います。


ゴミを減らすことってとても難しいですが、これからも自分が出来ることを一つずつ実行していきたい
と思います。




2020-07-20 07:00:00

梅ジュースと梅干し

カテゴリ : [月]管理栄養士の食事ノート
いつも「管理栄養士の食事ノート」をお読みくださり、どうもありがとうございます。

今年もまた、梅仕事の季節が来ました。

私も先週と先々週、恒例の梅ジュースと梅干しを仕込みました。

毎年ほぼ同じ生産者の方から梅を買わせてもらっています。

今年は特に色々と大変なことがありました。

そんな中でも変わらず今年も美味しい梅を届けてくださり、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

そして今年も変わらず梅仕事が出来ることに幸せを感じました。

作られたことのある方はご存知だと思いますが、梅ジュースはとっても簡単に作ることが出来ます。

梅干は漬けてから、また取り出して天日で干す作業があり、ちょっと手間がかかりますが、わが家は瓶でつけてそのまま天日で干す、簡略化スタイルを昨年からとっています。

というわけで、両方とても簡単なのです。


こういった手づくりのものは正解がないのが好きです。

もちろん、クオリティを求めれば色々なやり方を極める必要はありますし、守らなければならない手順はおさえる必要はあります。

同じ材料でも、その家の環境や作る人によって味が違い、味わい深い個性が出ます。

そういったところも好きです。


もくもくと梅と向き合って手を動かしていると、気持ちが「今」に集中できます。

あれやこれやといっぱいになっていた頭がすっきりしてきます。

忙しい時ほど、季節を感じ、あえて暮らしにひと手間をかけることで、ゆったりとした「すきま」が出来てきます。

自分を大切にするために必要な仕事の一つとなっています。


梅仕事だけではなく、らっきょうやしょうがの甘酢漬け、しそジュースなど、この季節は手作りが楽しいです。

大好きな季節を満喫したいと思います。


余談ですが我が家の息子(4歳)は梅ジュースとしそジュースが大好きです。

美味しく季節を教えています(^^)

2020-07-06 07:00:00

「目的」を考える

カテゴリ : [月]管理栄養士の食事ノート
いつも「管理栄養士の食事ノート」をお読みくださり、どうもありがとうございます。


学校再開から2週間経ちました。

子どもの幼稚園のお迎えの前のひと時、先週の金曜日のお昼前にNHK「ぐるっと関西」を観ていました。

整理収納アドバイザーの先生がおうちの整え方のお話をされていました。

先生は、家を片付けることの目的は「家族みんなが心地よく暮らすため」であると言われていました。

おうちがテレビで映されていましたが、何もかもをすっきりとしまい込んだキレイーな収納をしているのではなく、オープンな棚に家族のモノがよく見えて(それでいてちゃんと片付いており)、家族の生活を大切にされているのがすごく伝わってきました。

そこでアナウンサーの女性が
「自分は「片付けること」が「目的」になってます。家族が散らかすと「せっかく片付けたのに~!!」って怒ってしまう・・・」と。

ほんと、よくある話ですよね。。

片付けもなんでもそうだと思うのですが、「目的」は何かを考えて行動することはとても大切だと思います。

例えば食事でも。

自分にとっての目的はなんですか?(他の人と違っても全然OKです!)

例えば私の場合です。

毎日、いきいきと楽しく幸せに過ごしたいから、
家族が自分の力をしっかり出して頑張れるように、健康を守り、元気な身体を作ることが目的です。
それに美味しいものが大好きで楽しく食べたい。

では、どうすればいいのかを考えると、

こったものでなくとも簡単でも家族が美味しいと思い、喜ぶ料理を作る。
毎日ではなくともトータルでバランスの良い食事を心がける。
食材や調味料・油は安全性を考え安心できるものを選ぶ。

など、を意識して食事作りをしています。

料理をSNSに載せるわけではないので、他の人の目は気にしません。

しんどい時は無理せず、家族や自分が選んで好みの市販のものや、缶詰・冷凍食品なども使います。

やっつけな感じになると罪悪感を感じてしんどくなるので、いくつか選択肢を持って、前向きに利用します。


しんどいなぁ・・・と思うことがあると、なんのためにそれをやっているのかを考えます。
すると今やるべきことや自分がどのようにしたいかが見えてきて、しんどいけどやらなければならないと思い込んでいたことが実はやらなくてもいいことに気づいて手放すことが出来ます。

コロナのことや新しい生活で、お疲れを感じやすい時期です。
頑張りすぎ注意!で、
自分らしく肩の力を抜いて行動できるといいなぁ・・・と思います。



2020-06-15 08:00:00

新しい生活のことを考える

カテゴリ : [月]管理栄養士の食事ノート
いつも「管理栄養士の食事ノート」をお読みくださり、どうもありがとうございます。

多くの地域の緊急事態宣言が解除されました。

私の住む町も解除され、少しずつ人が外に出て依然とは違う光景が見られるようになりました。

緊急事態宣言の間、学校も休校、仕事も在宅になったり、おうちでご家族のごはんを毎食作られてストレスを感じている、食費がかかってつらい・・・、というお話をよく耳にしました。


先月4月ですが、日本経済新聞に掲載された記事がおもしろかったので、まずは、こちらの記事を紹介させてもらいます。

~「家事オペ力」磨く主婦豪機関 しゅふJOB総研所長 川上啓太郎~

プロの料理人以外で1万食以上の料理を作ったことがある人はいるだろうか。実は日本中にいる。主婦だ。仮に1日3回、365日休まず食事を作れば、1年で1095回。4人家族なら4380食。3年でゆうに1万食を超える計算になる、よく主婦業に専念している期間をブランク(空白)と呼ぶが、この労力を費やしている時間は本当にブランクだろうか。

1万食を作るのもすごいが、そこで磨かれる能力もすごい。まず献立。家族の健康や好み、家計などと照らし合わせて毎日最適な献立を「企画」する。続いて仕入れから後片付けまでの「段取り」を考え「実行」する。
私はこの能力を家周り仕事のオペレーション力、略して「家オペ力」と呼んでいる。

主婦業期間はブランクではなく、職場とは異なる状況下で様々な能力を磨く家オペ期間だ。他にもコミュニケーション力やリーダーシップ、マネジメント力など多様な能力が磨かれる。ビジネスシーンでソフトスキルと言われる基礎的能力だ。職務が変わると応用が利きにくいテクニカルスキルとちがい、すべての職務で有効なのでポータブル(持ち運び可能)スキルとも言われる。
・・・職場を離れた機関を空白ととらえるのは一画的な見方でしかない。仕事以外の期間をブランクと呼ぶ風潮などなくなればいいと思う。



以上、これは「食事作り」の話だけのことではないと思います。

色々なことが行き詰ったり滞ったように思えることもあった、おうちで過ごした期間はたくさんの能力が磨かれたと思います。

私の知人の中にも、コロナで仕事・収入が減り、家計を切り詰めながら暮らしている方も。
ため息をつき、ぼやきながらも、様々な工夫で楽しみながら乗り越えているお話をいろいろと聞かせてもらいました。

比較的環境に恵まれた方からは、家族でゆっくりと過ごせる時間が出来てよかったという声も聞かれました。
以前の毎日が忙しすぎた・・・と思いを巡らせている人も。

一人ひとり、自分や家族、周りの人たちの幸せのことを考えたり、色々な思いで過ごされた期間だったのではないでしょうか。

6月から段階的にですが、新しい生活が始まります。

以前にただただ戻るのではなく、私自身もこの期間で考えたことや学んだことを忘れずに次のステージへ進めるといいなと思います。


2020-05-25 07:00:00

栄養のチカラ

カテゴリ : [月]管理栄養士の食事ノート
いつも「管理栄養士の食事ノート」をお読みくださり、どうもありがとうございます。

皆様、ステイホームのゴールデンウイーク、いかがお過ごしでしたか?

わが家も例年と違う連休の過ごし方をしました。

とにかく息子の自転車の練習で、近所をたくさん走りました。

外出をしなかったので、ご飯も家で食べていましたが、たくさん動いてはいるものの、食べる量もたくさんになりました。

新型コロナウイルスのことで、免疫のことを考えた食事されている方も多いかと思います。

日々の食事に発酵食品を取り入れているというお話もよくお聞きします。

先日届いた日本栄養士会の機関誌にも新型コロナウイルスと栄養の話が書かれていました。

皆様の参考になればと思い、少し紹介します。

免疫はいろいろな栄養成分が複雑な代謝を営むことによって成り立ちます。

多くの栄養素がいろいろな形で関わっていることがわかっています。

例をあげると、各種ビタミンは代謝を営む補酵素として働き、欠乏は免疫能を営む細胞機能のレベルを低下させる原因となります。

一方、肥満や糖尿病の過剰な栄養も免疫の低下を誘発します。

現在、免疫能に関係する栄養には、
エネルギー、たんぱく質、nー3系脂肪酸、食物繊維、ビタミンA、D、E、B群、c、鉄、亜鉛、銅、セレンがあり、乳酸菌も関与します。

食事からとる多くの成分が総合的に作用しながら、健康を維持しているといえます。

三食のごはんで毎回バランスをよくとるのは難しいと思いますが、特定の食品にかたよりすぎないように意識することが大切かと思います。

スーパーでは乾麺、パスタ、レトルト、冷食、小麦粉、ホットケーキミックス・・・などが売り切れ、品薄状態になっています。
少し食事バランスがかたより気味なのかな?と思うシーンに出会います。

ストレスの多い時期ですし、一時的にかたよるのはあり、だと個人的には思います。

ですが、緊急事態宣言も延長され、新型コロナウイルスとのお話はまだ続きそうです。

身体が資本。大切にメンテナンスしないと持ちません。

外出の自粛でまとめ買いされているかたも多いと思います。

買い物に出かけるときに、少し「買いだめ」ではなく、「バランス」を意識して旬の生鮮食品などを選ぶようにしてみてはいかがでしょうか。

よい食べ物を身体に入れても、うまく機能しなければもったいない。
睡眠不足は消化吸収能に影響を及ぼしますので、しっかりと睡眠もとりましょう。
運動・栄養・休養を無理なく取り入れたいですね。
(いつも自分にも言い聞かせています。。。)

栄養のチカラで毎日頑張ってくれている身体をサポートしましょう!



2020-05-11 07:00:00

前へ 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ