JR和歌山駅東口より徒歩1分。漢方相談・ホメオパシーを中心に、かかりつけ薬局として、自律神経失調・皮膚疾患・妊活・がんに伴う諸症状などの、ご相談をお受けしております。

 
漢方体質
チェック
 
ご相談頂く
症状・疾患
 
健康レシピ
 
アクセス
会社概要
 
駐車場

こうしん堂に隣接コインパーキング゙がございますのでご利用下さい。
ご購入いただきましたお客様には、ご滞在時間に応じた対応をさせて頂いております。
満車の際はお声かけ下さい。

処方せん

受け付けております。
FAX:073-471-2551
 
各種クレジットカードご利用
頂けます
店頭でご確認ください。
お気軽にご相談ください
 

よい寄せられるご相談

■女性のお悩み

■妊活「不妊・子宝」

■お肌トラブル・美容

■自己免疫疾患・橋本病・バセドウ

■癌「がん」

■消化器疾患

■痛みのご相談

■自律神経失調・メンタル

■呼吸器・耳鼻科・眼科疾患

■尿のトラブル

■生活習慣病

■その他
 
 
 

漢方相談・ホメオパシーセッション

漢方相談・ホメオパシーセッションにお越し下さるお客さまへ

 通常、店内のご相談スペース【他のお客様と仕切られた場所】にて行っております。奥には、さらに個室相談スペースを設けております。ご希望の際は、お申し出下さい。

新型コロナ感染拡大防止への取り組み
●飛沫感染防止策として、アクリル・ビニールカーテン使用
●従業員のマスク使用、体温確認
●店内手指消毒の設置
●コイントレーによる、金銭授受

久しぶりに会った!

RSS

眠くなったら

カテゴリ : [火]お坊さんの1分説法
おはようございます。
いつもこうしん堂ブログをお読みくださりありがとうございます。

前回、法然(ほうねん)上人のことを書きました。

その中で、それまでは貴族のものだった仏教を
みんな(庶民)のものに転換された、ということを書きました。

貴族のものという書き方の中に
「仏塔を建てたら」というような例えしか書きませんでしたが
それ以外にも、それまでの仏教は
「自分の身を厳しく律して、煩悩をなくす」ことが
重要とされていました。

法然上人は、いくら修行を積んでも「人間なのだから」
本当に煩悩をまったくなくすことなんて非常に難しい(≒できない)
のではないか、という立場をとったという意味でも
革命者と言われています。

有名な『徒然草(つれづれぐさ)』の中に次のような文章が
残っています。(第39段)


 ある人が、法然上人に
 「私は極楽往生を求めて念仏行に励もうとしているのですが
 どうしても念仏中に眠くなってしまいます。どうすればこの
 眠気を払い、念仏行に集中できるでしょうか。」と尋ねると
 法然上人は「(眠くなったら寝て)目が覚めたら念仏なさい。」
 とおっしゃった。実に尊いことだ。


『徒然草』を書かれた兼好法師も、法然上人のおおらかさに
魅了されたのでしょう。

仏教は難しく崇高なものだった部分があるのを、
この法然上人の教えであると「自分にもできるかも」と
思った人々が当時多かったようです。

そういった意味でも、仏教をだれにでも開かれたものに
転換された、ということができるとおもいます。

私たちも、ものごとの本質を見極めることで
細かいこと(=実は、そう重要ではないこと)を気にせず
おおらかにものごとに取り組んでいきたいものですね。
2023-05-30 08:00:00

知恩院

カテゴリ : [火]お坊さんの1分説法
おはようございます。
いつもこうしん堂ブログをお読みくださりありがとうございます。

先月、京都の知恩院に行ってきました。

「御忌(ぎょき)法要」といい、
浄土宗を開かれた法然(ほうねん)上人の年忌法要
に参加してきました。

大きく言えば全国からお坊さんが集まり、
法然上人の遺徳(いとく)を讃えしのびます。

知恩院
↑天気もよく、改修された御影堂(みえいどう・国宝)が映えます。

御影堂に本尊としてまつられる法然上人は
当時(鎌倉時代)、貴族中心のものだった仏教を
皆が等しく救われるものへの転換をされた、
仏教の改革者と言われています。

仏塔を建てた人は救われる、多くの寄進(寄付)をすれば救われる
ということでは、一部の貴族しか報われないものでした。

法然上人はそれを
「お念仏さえすれば、どんな人でも救われる」ものへと
転換されたのです。

現在に伝わる仏教は、どの宗派であれ
一部の方のためのものではなく
一般的な、どなたにも開かれたものになっているかと思います。

うちのお寺は何宗だから、ということで大事にするのも
もちろん素敵なことで、
ご先祖さまも喜んでくれることと思いますが
この教えや考え方がしっくりくるから、おもしろそうだから
ここのお寺で話を聞いてみよう
というような気軽な接し方ができてもいいのかなと
思うこともあります。

これから個の時代がますます加速すると思います。
これからの仏教のあり方をなんとなく考えながら
知恩院にて、法然上人からの時の流れを私なりに
受け止めさせていただきました。
2023-05-02 08:00:00

尊いのは・・・

カテゴリ : [火]お坊さんの1分説法
おはようございます。
いつもこうしん堂ブログをお読みくださりありがとうございます。

今日もひとつ詩を紹介できればと思います。

かなり以前にも一度こちらで載せさせていただいているかもしれません。
よくお伝えする、仏教詩人 坂村真民さんの詩の中から

尊いのは足の裏である という詩です。


「尊いのは足の裏である」

尊いのは
頭でなく

手でなく
足の裏である

一生 人に知られず
一生 きたない処と接し
黙々として
その努めを果たしてゆく

足の裏が教えるもの

しんみんよ
足の裏的な仕事をし
足の裏的な人間になれ

頭から光がでる
まだまだだめ

額から光がでる

まだまだいかん

足の裏から光がでる

そのような方こそ

本当に偉い人である


ある会社の就職試験の最終面接で
親の足を洗ったことはありますか?という質問があったそうです。

もちろん、ほとんどの人はないと答えましたが
なければ今日一度洗わせてもらってきなさい
ということで面接が終わったそうです。

その人は、面接で聞かれたもので仕方なく
こっぱずかしいけれど、仕方がないので親にお願いし
足を洗わせてもらったそうです。

想像以上にやせてしわがあり、
こんなに苦労をして私を育ててくれたのか
という思いがしたそうです。
そのことを後日伝えると入社試験で合格になったという話ですが

目立たなくても本当に人のためになることを進んでやる
ということが尊いことなんだと
改めて思い知らされた詩とお話の紹介でした。

2023-04-18 08:00:00

魚釣りの方法

カテゴリ : [火]お坊さんの1分説法
おはようございます。
いつもこうしん堂ブログをお読みくださりありがとうございます。

今日はすこし記憶をたよりながら、、、になるのですが
以前教わったことのある、こんな話を。



昔、日本人が東南アジアに行っているとき
魚釣りをしている漁師さんたちに
効率的な魚の釣り方や道具の作り方を教えてあげた、という話です。

そのアジアの国の方はゆったりしていて
午前中は働いて、昼になったら休んでいます。
それも働くのは2日に1日くらいで
あとは音楽を楽しんだり友人と語り合ったりしています。

魚釣りの方法も、一本釣りのような感じで
日本人からしたら効率がよくないように見えます。

日本人は彼らに対して
もっとせっせと効率的に働くことを教えました。

けれども彼らはあまり進んでやり方を変えようとしません。

彼らが「効率をよくしてどうするんですか。」と言うので
日本人は「もっと効率よく毎日働くと稼げますよ。」と言いました。

彼らは「そんなに稼いでどうするんですか。」と言うので
日本人は「お金がたまったら早くリタイアできますよ。」と言いました。

彼らは「早くリタイアしてどうするんですか。」と言うので
日本人は「リタイアしたら、友人と語り合ったり
音楽を楽しんだりできるじゃないか。」と言いました。



という話です。

効率にとらわれるあまり
時間を有意義に使えていることが見えていなかったのですね。
2023-04-11 08:00:00

はきものをそろえる

カテゴリ : [火]お坊さんの1分説法
いつもこうしん堂ブログ「お坊さんの1分説法」を
お読みいただきありがとうございます。
 
今日は「脚下照顧(きゃっかしょうこ)」ということばを
紹介したいと思います。
 
曹洞宗を開かれた道元(どうげん)禅師のことばと
言われています。
 
曹洞宗の総本山である福井県の永平寺(えいへいじ)の入口にも
「脚下照顧」と書かれているそうです。
 
 
自分の足元を照らし(自らを)顧(かえり)みる
ということで
 
私たちは人のことに目がいきがちですが
まわりの文句を言う前に
足元を照らして自分を顧みなさい
という意味もあるようです。
 
また、はきものをそろえましょう
という時にもよく引用されます。
 
はきものをそろえる、ということについては
こんな詩があり合わせて紹介させていただきます。
 
 
はきものをそろえると
心もそろう
 
心がそろうと
はきものもそろう
 
ぬぐときにそろえておくと
はくときに心がみだれない
 
だれかがみだしておいたら
だまってそろえておいてあげよう
 
そうすれば きっと
せかいじゅうの
人の心もそろうでしょう
 
 
自分の心ももちろんですが、人の心のみだれも
「そっと」なおしたり寄り添ったりできるようになりたいものだな
と感じさせられる詩だとおもいます。
2023-04-04 08:00:00

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ