JR和歌山駅東口より徒歩1分。漢方相談・ホメオパシーを中心に、かかりつけ薬局として、自律神経失調・皮膚疾患・妊活・がんに伴う諸症状などの、ご相談をお受けしております。

漢方体質
チェック
 
ご相談頂く
症状・疾患
 
健康レシピ
 
アクセス
会社概要
 
駐車場

こうしん堂に隣接コインパーキング゙がございますのでご利用下さい。
ご購入いただきましたお客様には、ご滞在時間に応じた対応をさせて頂いております。
満車の際はお声かけ下さい。

処方せん

受け付けております。
FAX:073-471-2551
 
各種クレジットカードご利用
頂けます
店頭でご確認ください。
お気軽にご相談ください
 

よい寄せられるご相談

■女性のお悩み

■妊活「不妊・子宝」

■お肌トラブル・美容

■自己免疫疾患・橋本病・バセドウ

■癌「がん」

■消化器疾患

■痛みのご相談

■自律神経失調・メンタル

■呼吸器・耳鼻科・眼科疾患

■尿のトラブル

■生活習慣病

■その他
 

漢方相談・ホメオパシーセッション

漢方相談・ホメオパシーセッションにお越し下さるお客さまへ

 通常、店内のご相談スペース【他のお客様と仕切られた場所】にて行っております。奥には、さらに個室相談スペースを設けております。ご希望の際は、お申し出下さい。

新型コロナ感染拡大防止への取り組み
●飛沫感染防止策として、アクリル・ビニールカーテン使用
●従業員のマスク使用、体温確認
●店内手指消毒の設置
●コイントレーによる、金銭授受
RSS

はじまりを見つめよう

カテゴリ : [金]ホメオパシースペース 「Clear Sky」
いつもこうしん堂ブログ ホメオパシースペースClear Skyを
お読みいただきありがとうございます。

昨日は東京2020オリンピック開会式でした
コロナのことなどでたくさんの困難があったことと思いますが
無事に開会されて良かったですね
多種多様な世界の人々、文化がひとつになる
とても素敵な表現をされていたと感じました

さて本日は・・・
病のはじまりをみつめようと題してみました

ホメオパシーセッションは
たくさんの症状や今の状態をお聞きして
目の前の方の最も必要な中心を見極めて
レメディをお選びするという流れで行われますが

その流れの中で
はじまりはどこかを見つめていこうとします

何か不調が起きた時
わかりやすく、雨に打たれたから風邪を引いたという状況も
あると思いますが
慢性的なものになると
ある日突然悪化したと感じたり
何が悪かったのか分からなかったりします

はじまりがわからなくなってしまっている
それは、起こった最初と症状が出た時の
時間差があるため、気づいたときには
つながっているかどうかわからなくなってしまうからだと思います。

でも、慢性的な不調があって
それがここからはじまったのか・・・とわかったら
その時の気持ちとか、状況とかはっきり思い浮かんで
その時は気づかなかった行動が生まれるように思うのです

気づきがあれば変化する

はじまりを見つける旅はとても大事だと思います。
ある意味で、もう一度自分をみつめる機会が得られたと言えるかもしれません

本来の自分にもどるための道筋につながると
私は思っています


2021-07-24 14:14:14

盂蘭盆会(うらぼんえ)

カテゴリ : [火]お坊さんの1分説法
いつも、こうしん堂ブログ「お坊さんの1分説法」
をお読みくださりありがとうございます。

まず、先日よりの豪雨災害に遭われました方に
心よりお見舞い申し上げます。

ひどかった梅雨も明け、夏も本格的になってきましたので
今日は「お盆」について書かせていただきます。

お盆とは、「盂蘭盆会(うらぼんえ)」の略で
「盂蘭盆」とは
逆さまに吊られるような苦しみという意味があります。

どうしてそんな意味のことばがついたかといいますと

お釈迦さまの弟子のひとりに目連(もくれん)という方がいました。
目連は、神通力によって、亡き母の今の様子を見てみると
餓鬼(がき)の世界で苦しんでいました。

お釈迦さまになんとか母を救う方法はないかと尋ねたところ、
僧侶たちの修行が終わる7月15日に
(旧暦で考えるので、関西などでは8月15日を中心に行われます)
僧侶たちに供養して、
その僧侶たちが色んな世界にいる人たちを供養するなら
きっと母親も助けられるだろう
と言ったのがはじまりとされています。

この故事ですが、目連は
神通第一(神通力が弟子の中で最も優れていること)や
目連尊者(もくれんそんじゃ)と言われるほどの
立派な弟子でした。
その母親がどうして餓鬼となり苦しんでいたか
というところも気になるわけです。

目連からすると、
とても優しくて何でもしてくれたあの母親がどうして
と思ったわけなのですが、

その母親は目連にとっては、世界で一番優しかったが
実は、何でも自分の子どもにやってあげたいがために
まわりの子どもと差別してでも、自分の子どもにばかり
色々与えていた(から、餓鬼の世界に堕ちた)
と、この故事には説明されているようです。

ここが考えさせられるところかなと思いました。
自分さえ、自分の身内さえ、よければいい
という考え方にならないよう、
私たちも注意したいものですね。
2021-07-20 08:00:00

思い込みの世界に気づく

カテゴリ : [金]ホメオパシースペース 「Clear Sky」
いつもこうしん堂ブログ ホメオパシースペースClear Skyを
お読みいただきありがとうございます。

ホメオパシーを勉強しはじめたら
偏見なき観察者でいることについて
勉強していく機会がたくさんあります

目の前に悩みを持った方がこられたとき
自分の思い込みをわきに置いて考えなければ
本当に大事なことが見えてこないからです

偏見を持っていると聞くと
すごく悪いことのように感じますし、
絶対に偏見でみないようにしていると
思われる方も多いと思いますが

自分の思い込みから現れてくるので
偏見で見ていることに気づかないことも多いのです

よく、眼の前に現れる出来事は
鏡のようなもので
自分の内面を表しているといわれます

人は思い込みの世界で生きているようなものです

ホメオパシーを勉強しながら
自分のもつ偏見や思い込みに気づき
注意深く考えていくことを学びます

ただ、偏見や思い込みをすべてなくすことはできません

これは偏見かもしれない
思い込みかもしれないと思うこと
こんな思い込みを私は持っているのだと気づく事が
とても大事になってきます

そこから相手のことがよりわかるようになる

それは日常生活で関係する相手にもいえることです

自分の思い込みかもしれないことに気づいて
少し歩み寄ってみる日常も面白いと思います
2021-07-17 16:16:16

2021年土用丑の日

カテゴリ : [水]漢方・薬膳こばなし
 いつもこうしん堂ブログ「漢方・薬膳こばなし」を
お読み頂き有難う御座います。

 2021年の土用 丑の日 は、7月28日です。
土用丑の日については、皆様もご存知の通りと思いますが、
土用は、各季節の変わり目に1年間に4回やってきます。

 今回の「土用」は、夏と秋のつなぎ目になります。
漢方では、「土用」は「脾」と関係が深いと考えられて
います。特に「脾」は「湿」と関係深く、湿が多いと
脾には負担が大きくなると考えられています。
 特に湿度の高い今は、まさに脾に負担が大きくなります。
これも、毎年いっていることですが・・・・

 という事で、本日は「鰻」の薬膳的なとらえ方を
書かせて頂きたいと思います。

 「鰻:ウナギ」は、滋養強壮によいとされており、
脾を温める食材とされています。
また、薬味としての「山椒」は「寄生虫」の予防
ともいわれますが、こちらも温める力や湿気を除く力が
あると考えられています。

 「鰻:ウナギ」は、ともかく「山椒」は漢方処方でも
見られる生薬です。
「大建中湯」という、漢方処方の中に配合されています。
お腹を温める力が強い処方です。
余談ですが、「小建中湯」という処方もございますが、
こちらには、山椒は配合されていません。

 ちなみに「中:チュウ」は、漢方的な「脾臓」の事を
いいます。

 という事で、本日はここまで
また、水曜日に・・・・
2021-07-14 08:00:00

そうめんにかけるおかず

カテゴリ : [月]管理栄養士の食事ノート
暑い季節がやってまいりました。
皆様お元気でしょうか?

そうめんが美味しい季節です。

我が家もみんなそうめんが大好きです。

でも、いつもめんつゆだと、ちょっと寂しい時もある、、、

というわけで、そうめんに合うおかずを作っておくこともあります。


先日は、たくさんなすがあったので、なすとひき肉のそぼろを作りおき、そうめんに和えて食べました。

なすとひきにくのそぼろ

小さいなす7本(普通サイズなら3~4本くらい)と、合いびき肉250g。
(お肉もたっぷりめに入れます。)

なすは小さく切ります。

なすとひき肉をフライパンで炒めて、調味料を投入。
少し煮詰めます。

味付けは、みそ大さじ2、砂糖大さじ2.5、しょうゆ大さじ2です。
しっかり濃い目の味付け。

最後にごま油小さじ1とごまで風味をつけます。


なすとひきにくのそぼろ2


(大人2人で2回食べられるくらいの分量です。)


そうめんを食べたいけれど、さっぱりしすぎは寂しい、という時におススメです。

なすは油とお肉との相性が良いですね。

(最近何かで知ったのですけれど、なすって皮をむかなくても使える野菜なので「時短料理食材」って呼ばれていました。(そんなカテゴリーがあるとは・・・びっくり。) 確かに、細かく切って炒めるだけなので、こちらの料理もかなり簡単に出来ますが。)


そうめんのトッピングに余った分は、翌日ご飯に乗せてそぼろ丼にします。

これがまた、海苔で巻きながら食べるとよく合い、美味しいんです。

レシピのページに作り方を紹介しています。

よろしければお試しください^^



さて、話は変わりますが、貧血予防のレシピのリクエストがありました。

貧血と言えば鉄?!

・・・そうなんですが、その他にも食べ方のポイントがあるんですね。

次回は栄養士的な視点から、貧血のことについてお話ししたいなぁと思っています。

2021-07-12 08:00:00

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ