JR和歌山駅東口より徒歩1分。漢方相談・ホメオパシーを中心に、かかりつけ薬局として、自律神経失調・皮膚疾患・妊活・がんに伴う諸症状などの、ご相談をお受けしております。

漢方体質
チェック
 
ご相談頂く
症状・疾患
 
健康レシピ
 
アクセス
会社概要
 
駐車場

こうしん堂に隣接コインパーキング゙がございますのでご利用下さい。
ご購入いただきましたお客様には、ご滞在時間に応じた対応をさせて頂いております。
満車の際はお声かけ下さい。

処方せん

受け付けております。
FAX:073-471-2551
 
各種クレジットカードご利用
頂けます
店頭でご確認ください。
お気軽にご相談ください
 

よい寄せられるご相談

■女性のお悩み

■妊活「不妊・子宝」

■お肌トラブル・美容

■自己免疫疾患・橋本病・バセドウ

■癌「がん」

■消化器疾患

■痛みのご相談

■自律神経失調・メンタル

■呼吸器・耳鼻科・眼科疾患

■尿のトラブル

■生活習慣病

■その他
 

漢方相談・ホメオパシーセッション

漢方相談・ホメオパシーセッションにお越し下さるお客さまへ

 通常、店内のご相談スペース【他のお客様と仕切られた場所】にて行っております。奥には、さらに個室相談スペースを設けております。ご希望の際は、お申し出下さい。

新型コロナ感染拡大防止への取り組み
●飛沫感染防止策として、アクリル・ビニールカーテン使用
●従業員のマスク使用、体温確認
●店内手指消毒の設置
●コイントレーによる、金銭授受
RSS

足の裏

カテゴリ : [火]お坊さんの1分説法
いつも、こうしん堂ブログ「お坊さんの1分説法」を
お読みくださりありがとうございます。

お彼岸も終わり、朝晩すこし涼しくなってきました。
お彼岸にはお墓参りなどされ、ご先祖に思いをはせ
仏教にふれていただいた方も多いのではないでしょうか。

今日は、以前より時々このブログで紹介しています
仏教詩人とも呼ばれた坂村真民(さかむらしんみん)さんの詩を
紹介させていただこうと思います。



「尊いのは足の裏である」

尊いのは 
頭でなく
手でなく 足の裏である

一生人に知られず
一生きたない処と接し

黙々として

その努めを果たしてゆく

足の裏が教えるもの

しんみんよ
足の裏的な仕事をし
足の裏的な人間になれ

頭から光がでる
まだまだだめ

額から光がでる
まだまだいかん

足の裏から光がでる
そのような方こそ
本当に偉い人である



人に知られなくても、進んで大変なことをする
なかなか簡単にできることではないですが
少しでもこのような生き方ができるようになりたいものですね。
2021-09-28 08:00:00

らっかせいとさつまいも

カテゴリ : [月]管理栄養士の食事ノート
いつも「管理栄養士の食事ノート」をお読みくださりありがとうございます。

先日、我が家の落花生とさつまいもを収穫しました。


らっかせい

落花生です。

落花生と言えば、千葉県・・・と思われる方も多いかと思います。

我が家がお借りしている農園の周辺では昔から落花生を育てているそうで、畑の先生に苗をわけていただきました^^

このあたりでは、まだ柔らかい落花生を少し早い目に収穫して塩ゆでして食べるのです。
ゆで落花生

ゆでるとなかはホクホク。お汁もたっぷりのやわらかい落花生は絶品です!

固くなったものは乾燥させて、いわゆるよく食べるピーナッツにします。



いもほり
さつまいも堀り

さつまいも
少し早めに掘ったので、小さめなのがとれました!

まずはみんな大好きレモン煮とサツマイモごはんにしてみました。

まだ畑に残しているので、お楽しみが続きます。


大根の種まき
冬に向けて、大根の種まきも。
息子、小さい種が蒔きにくいそうですけど頑張りました。


秋茄子もたくさん採れています。
「秋茄子は嫁に食わすな」ってことわざを思い出します(笑)

秋茄子、しっかりした味で美味しいです!


お昼ご飯に簡単な秋茄子スパゲッティを作ってみました。
秋茄子のスパゲッティ

秋茄子は輪切りにしてしっかりと焦げ目をつけてフライパンで焼いてお皿に取っておきます。

ベーコンとコーン(冷凍)をバターで炒めます。

その中にゆでたパスタを炒め合わせます。お玉いっぱい分のゆで汁と野菜ブイヨン、塩、あらびきこしょうで味付けします。

最後に茄子もからめて出来上がり。

香ばしい秋茄子がシンプルな味付けによく合います。

こんな感じで我が家は食欲の秋を楽しんでおります。


秋、皆様の食卓が楽しいものになりますように♪


2021-09-27 08:00:00

ご妊娠のご報告頂きました。

カテゴリ : [水]漢方・薬膳こばなし
 いつも、こうしん堂ブログ「漢方・薬膳こばなし」を
お読み頂き有難うございます。

 先週、妊活中のご夫婦さまより「ご妊娠」のご連絡を
頂きました。
 お子様を望まれて、ご子宝相談にお越し頂くお客様より
ご妊娠のご報告を頂くと「よかった」と同時に「ホッ」と
した気持ちになります。
 もちろん、その後の体調管理などもご相談頂く事も多く
サポートさせて頂いております。

 さて、前回書かせて頂いたように最近よく寄せられる
メンタルのご相談について書かせて頂きたいと思います。

 メンタルを考える際に、漢方では、五臓でいう
「肝」「心」の関わりを無視するわけにはいきません。

 まず、「肝:かん」について書かせて頂くと、
肝は、疏泄(そせつ)を主る。と書かれています。
これは、漢方でいう気血等の流れをコントロールする
そして、感情を調節するという役目をもっている事に
なります。いわゆる解毒という働きもここに
入ってきます。
 また、「血を蔵す」「筋を主る」などとも書かれて
います。

 現在医学的にわかりやすく書かせて頂ければ
「自律神経」の働きがここに含まれて考えられていた
と思われます。
 ですので、この自律神経のバランスが乱れた状態
が、漢方でいう「肝」の機能が乱れた状態に含まれる
ので、肝の機能を考えた生薬を配合した商品のご提案
をさせて頂く事になります。

 「肝」のトラブルを改善するために使われる処方は、
数多く御座います。処方を構成する生薬は、様々な
体質を考えて配合されています。

 例えば、体が乾燥している人と湿っている人では
反対側の存在です。
また、冷えが強い人と暑がりな人も、それに近い
と考えます。
 一般的にこのような物差しをしっかりと理解して
頂いて、漢方はお飲み頂きたいと思います。

 ぜひ、漢方相談は、漢方の専門性をいかしたお店
でご相談されることをお勧めします。

 そして、その一つに「こうしん堂」という選択肢
をいれて頂ければ幸いです。

 睡眠のトラブルとして、寝つきが悪い・途中で目が
さめる・寝ても寝ても眠いなど
 また、不安神経・パニック・気持ちがふさぐ・
めまい・耳鳴り・のどの異物感「梅核気」そして
血圧や腰痛などの症状も関係してくることは
珍しくないのです。

 という事で、本日はここまで
次回は、「心:しん」につてい書かせて頂く予定です。
では、また水曜日に・・・・
2021-09-15 10:30:00

お鍋でごはんを炊く

カテゴリ : [月]管理栄養士の食事ノート
いつも「管理栄養士の食事ノート」をお読みくださりありがとうございます。

去る9月1日は「防災の日」でした。

我が家では防災グッズの見直しとともに、もう一つやることがあります。

それはお鍋でごはんを炊くことです。

ガスや電気などライフラインが止まった時、カセットコンロ、お鍋でストレス無くごはんを炊くことができるようにするためです。

(実際、西日本豪雨の時に義実家がの電気ガスが止まり、カセットコンロ生活をされてました。)


とはいえ、最近は家事や家電の「手放すブーム」?で炊飯器を持たず暮らしている方も珍しくはないので、当たり前にできることかもしれません。

ですが、我が家はお弁当づくりなどで炊飯器のタイマー機能が大活躍しています。

というわけで、たまーにイベントのように土鍋でごはんを炊いて食べる日をつくっています。

土鍋
 ↑
愛用の土鍋です。ごはん以外にも煮物やなべ物にも使用しています。


この1年半はコロナ禍で行かなくなりましたが、家族でたき火にハマっていた時期もありましたので、また時期を見て、飯盒炊飯とかもやりたいなぁと思っています。



さて、話は変わりますが、レシピを更新しました。

マグロのはしっこがスーパーの「魚のあらコーナー」で売られています。
お安くておいしくて、家族みんな大好きです♡

パッケージに「塩焼きで!」とか「フライに!」とか親切に書いて貼ってくれてますが、完全無視して(笑)「生姜煮」にします。

血合いの部分でも身の部分でもおいしくできます。
ちなみに我が家のおすすめは血合いです。全然生臭くないですよ~。

(鶏肝の生姜煮のような感じですが、もっと手軽に作ることができる鉄分・たんぱく質レシピです。)

レシピのページ → 

よろしければ参考にしてください^^
2021-09-13 08:00:00

お盆を終えて

カテゴリ : [火]お坊さんの1分説法
今年もお盆が終わりました。
このブログではめずらしく、所感を書かせていただこうと思います。
 
今年は全国的に天候がわるく、
雨の降り続くお盆となりました。
棚経(たなぎょう)といい、各お檀家さんを回らせていただく行事については
毎年、酷暑のなかを歩いて回るので
そういった意味では、例年より涼しくなり
ありがたい雨でありましたが、
やはり雨の中を回らせていただくのは、法衣は濡れますし
それなりに大変でした。
 
毎年、お盆が終わるとぐったりとするのですが
その中に、今年も一年やり切ったなという思いがあります。
どうやら、一年で最も忙しい時期なので
自分の中でお盆の時期が一つの区切りになっているようです。
 
お盆のおまいり(主に棚経)をさせていただいていても感じるのですが
この1年で、ペットロスを抱えていらっしゃる方に多くお会いしました。
 
コロナ禍で外出できず友人や親類たちにあまり会えないことに加え
そうでなくても独居の方が増えており
ペットが唯一の話し相手という方もおられます。
そういった方にとって、ペットは子どものような存在であり
家族の一員であるといえます。
 
そのペットが亡くなった場合の「ペットロス」については
まだまだ理解が進んでいない場合や地域も多いように感じます。
 
理解や支援が広がるのを願うとともに
私たち僧侶にとっても考えさせられる問題であると思います。
 
先にも書きましたが、どうもお盆が終わると
1年が終わったような感覚になるのですが
もうすぐ秋のお彼岸です。
引き続き、日々精進していきたいと思います。
2021-09-07 08:00:00

前へ 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ