JR和歌山駅東口より徒歩1分。かかりつけ薬局として、漢方・薬膳・ホメオパシー・栄養相談に加え、処方せん調剤もお受けしております。

漢方体質
チェック
 
健康レシピ
 
アクセス
会社概要
 
駐車場
 
こうしん堂に隣接コインパーキング゙がございますのでご利用下さい。
ご購入いただきましたお客様には、ご滞在時間に応じた対応をさせて頂いております。
満車の際はお声かけ下さい。
 
処方せん

受け付けております。
FAX:073-471-2551
 
各種クレジットカードご利用
頂けます
店頭でご確認ください。
 
お気軽にご相談ください
 
■女性のお悩み

■妊活「不妊・子宝」

■お肌トラブル・美容

■自己免疫疾患

■癌「がん」

■消化器疾患

■痛みのご相談

■メンタルのご相談

■呼吸器・耳鼻科・眼科疾患

■尿のトラブル

■高血圧・高脂血症・糖尿病 ・高尿酸血症

■その他
 
ご相談にお越し下さるお客さまへ
 
通常、店内のご相談スペース【他のお客様と仕切られた場所】にて行っております。奥には、さらに個室相談スペースを設けております。ご希望の際は、お申し出下さい。
 
新型コロナ感染拡大防止への取り組み
●飛沫感染防止策として、アクリル・ビニールカーテン使用
●従業員のマスク使用、体温確認
●店内手指消毒の設置
●コイントレーによる、金銭授受
RSS

料理を簡単に楽しく・・・

カテゴリ : [月]管理栄養士の食事ノート
いつも「管理栄養士の食事ノート」をお読みくださり、どうもありがとうございます。

突然ですが皆さんは料理が好きですか?


管理栄養士という仕事をしていて、料理が好きな人嫌いな人、様々な人に出会いました。

私は元保健センターの栄養士です。

地域のご婦人の皆様に、健康を考え、そして美味しい料理を提案する調理実習をしたり、地域の食生活活動のリーダー(食生活改善推進員)を育成する講習などを担当させてもらっていました。

当然かもしれませんが、健康の「意識高い系」で料理が好きで、出来る奥様とお会いする機会がたくさんありました。


その後、いわゆるメタボ検診の後の保健指導の仕事に従事させてもらうのですが、

そこでは、料理が好きとか嫌いとかいう以前に、興味ない、作らない、どうでもいい人にもたくさんお会いしました。

保健指導させてもらうのは男性の方が多かったので、料理の話は奥様に、ご本人には何を選ぶか、どう食べるかが中心でした。
(単身赴任の方で料理好きの方もおられましたが。)

そこからずっと気になっていたことなのですが、

老若男女問わず、色々な人が簡単においしい料理を自分で出来る世の中になればいいな、と思うようになりました。

とにかく、食べることとは生きるために大変必要な行為の一つです。

仕事を頑張りたいから、遊びに集中したいから、おざなりになる、
仕事家事に追われて、適当になる、

いろいろなお話をお聞きましたが、

何をするにも生きるベース、食べて身体を整えること無しでは考えられません。

栄養さえ摂れていたらいい、というのもまた危険です。

「栄養だけ」では心を壊します。食事は人にとって最も基本的な娯楽、楽しみであるからです。

ですが、料理は正直めんどくさい、です。外食も充実していますし、ね。

そこで、料理が嫌いな方、めんどくさい方、自信が無くてしんどい方におススメしたいお話を、こちらのブログで何回かに分けてお話していきたいなと思っています。


自称、めんどくさがりの管理栄養士が、簡単に楽しくできる自炊のお話を真剣に考えていきたいと思っています。


同志の皆さんのお役に少しでも立てたらうれしく思いますので、ご興味あるかたはまたブログをのぞいてくださると幸いです。



2020-08-24 08:00:00

オンライン相談を、始めようと思います。

カテゴリ : [水]漢方・薬膳こばなし
 いつもこうしん堂ブログ「漢方・薬膳こばなし」を
お読み頂きありがとうございます。

 今年も、やはり暑い日々がやって参りましたが、
皆様、ご体調はいかがでしょうか?

 今年は、2月ごろには新型コロナのニュースが多くなり、
外出自粛などで、2月から5月は新しくご相談にお越し
下さるかたが、少なくなりました。

 もちろん、その間も続けてお越し頂いているお客さまも
多くいらっしゃいました。
 そして、多くのお客様が「ご妊娠」や「症状の改善」に
よりご卒業頂ける方や、それまで3週間に一度くらい
お越し頂いていたかたが、1か月やそれ以上のスパンで
ご来店頂けるようになり、新しくご予約いただける
お時間が増えてきました。

 6月くらいから、新しくお越し頂けるお客さまも多く
なりましたが、今は平日であれば比較的ご提案できる
時間も増えてきました。もちろん土曜日もお時間が
とれるようになって参りました。

 それまでは、新しくご相談のご予約を頂いても、
ご希望にそう時間がなかったり、ご予約が多くて
せっかくのご縁にも関わらず、お役に立てないことも
多かったのが本当に申し訳なく思っておりました。

 もし今も、ご来店をご検討頂いておられるようでしたら
漢方で「気になる症状を改善したい」
「こんな自分になりたいという目標がある」
とお考えでしたら、ぜひお声かけ下さい。
お役に立てればと思います。

 また、先日も遠方よりお越しのお客様がおられ、
とても嬉しくそしてお役に立てればと思っていますが、
県外のからのお客さまより、県をまたいでのご来店について
様々な選択肢を考えてみてはとのご意見を頂きました。

 そこで、また開始日程は未定では御座いますが、
「オンラインでの漢方相談」オンラインホメオパシーセッション」
などについてのページを作り始めております。
あとわずかで完成ですので、その際はぜひご活用下さい。

 という事で、本日はここまで
また、水曜日に・・・・
2020-08-19 08:00:00

生老病死

カテゴリ : [火]お坊さんの1分説法
みなさん、おはようございます。
 
いつも、こうしん堂ブログ「お坊さんの1分説法」
にお目を通してくださり、ありがとうございます。
 
「生老病死(しょうろうびょうし)」ということばがあります。
 
私たちが誰一人余すことなく直面する問題を
お釈迦さまは「四苦八苦(しくはっく)」として表現されました。
 
そのうちの「四苦」が、この「生老病死」です。
「生」とは、この世に生まれる苦しみ。
(専門的には、せまい産道を通る時の苦しみのことを言い、
産道を通る時に圧迫される耐えがたい苦しみにより、
私たちは前世のことを忘れてしまうのだと考えられていました。)
 
そして「老」。年老いていく苦しみ。
 
「病」。程度の差こそあれ、病気になる苦しみ。
 
最後に「死」。私たちはいつかは死ぬという苦しみです。
 
「生」を受けたからには「老病死」は約束されているのです。
 
その最後の「死」を迎えるまでの期間はどれくらいなのか、
誰にもわかりませんが、
その期間を「どう過ごすか、どう生きるか」が
私たちに問われているのだと思います。

2020-08-18 08:05:12

痛みに対する漢方的アプローチ

カテゴリ : [水]漢方・薬膳こばなし
 いつもこうしん堂ブログ「漢方・薬膳こばなし」を
お読み頂きありがとうございます。

 先日より、オンライン相談について質問を受ける事が
あり、コロナ禍のなかこの様な形を望まれる方も多くなる
可能性もあると考え、また遠方よりお越し頂いている
お客さまも、今後は直接お越し頂くことが難しくなって
くる事も考え、ホームページ上に、どのようにしてご利用
頂くかを記載する予定です。
 できるだけ早い実現のために頑張っておりますので
ぜひ、その際はご活用下さい。

 さて、本日は痛みついてお話してみたいと思います。
同様のことは、ホームページ上に詳しく掲載しております
ので、ご覧ください。

その中で紹介している漢方の考え方を紹介させて頂きます。

 不通則痛
  これは、「通らざれば、すなわち痛む」ということになります。
 では、何が通らないのか?
  簡単にいえば、気・血・水が通らなくなるので痛みがでるという
 ことです。
  この通りを悪くするのは、暑さ寒さ湿度などの外界から受ける
 影響もあれば、内因といって、感情など様々な影響を体の内側から
 受けることにより、気・血・水の通りが悪くなることもございます。

  もちろん、これだけですべて当てはまるわけではないのですが、
 漢方的な考え方として理解してみてください。

◆ 不栄則痛

  こちらも、先ほど紹介した「不通則痛」と一緒によく紹介され
 ています。
  これは
、気血が充実しておらず、体の隅々まで栄養を与える
 ことが
できないということです。
 もちろんこうなると流れも悪くはなっていくと
考えています。

  気・血・水には、それぞれ特徴的な痛みがあると言われています。
 痛みのページをご参考になさってください。

 先日も、漢方を服用して頂くことで、
 ・生理に伴う痛みがとても楽になった。
 ・朝起きたときの、腰や手の痛みが楽になった。
 ・歩くのもつらかった痛みが楽になった。
 ・とにかく頻繁であった頭痛がすごく減った・なくなった。
 ・胃腸の痛みがなくなり、食事への不安が楽になった。
 などなどお喜びのお声を頂きます。

 もし、痛みでお悩みでしたら「こうしん堂」にお越し頂き、
漢方による痛みへのアプローチを試してみませんか?
まずは、行動あるのみです。

という事で、本日はここまで
また水曜日に・・・・
2020-08-12 08:00:00

しらすとチンアナゴ

カテゴリ : [月]管理栄養士の食事ノート
いつも「管理栄養士の食事ノート」をお読みくださり、どうもありがとうございます。

今年は新型コロナウイルスの影響で、学校など夏休みが少なくなりましたね。

我が家の息子も8月1日から少し遅めの夏休みに入りました。

昨日は朝食に、好物の釜揚げしらすを食べていました。

話は急に飛びますが、チンアナゴという魚をご存知でしょうか?

小さくて細くて長くてかわいらしい・・・水族館の人気者です。

息子もそのチンアナゴが大好きです。

釜揚げしらすを見て、よく「チンアナゴ」だと言っています。
確かに・・・少しだけ似てなくもないような・・・。

朝食を食べている時に、「チンアナゴ(しらす)、動かないね。」とつぶやいていました。

「死んでしまっているからね」と答えました。

「死んでるん?」と息子。

「生き物の命をもらってごはんを食べてるんやで」と話をしました。

食べ物が生きていた時の姿をしているところを見ることは大切だと、改めて思いました。

現代はどんどんその機会が失われていると思います。
(特に都市部ではその傾向が強いように感じます。現在の我が家も都市部にあります。)

栄養のバランスなどを教える前に、食べるものってどういうものなのか、もっと本質的なことをしっかりと知ってもらいたいと思いました。

大人には当たり前に知っていることも、小さな子には全て新しい知識だったりします。

出来るだけ意識しながら、食べ物の本質を伝えていけたらと覆います。


話は変わりますが、ここ数日とても暑いですね。

たくさん汗をかいた時の食事は、あえて少し塩辛いめの味付けにし、それで塩分ミネラルを補う、という話を聞かれることあるかと思います。

私の実家は建設系の現場仕事の事務所を営んでおりました。
みな炎天下で汗をたくさんかくので、自然と少し塩の強い料理が並びました。

料理には精製されていない良質の塩がおすすめです。

精製されたものはミネラル分が失われています。

現代のあらゆる食べ物は昔に比べてミネラルの含まれている量が少ないと言われています。

日ごろから精製度の低い良質の塩のご使用をおすすめします!





2020-08-10 08:00:00

前へ 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ